新年の景色

  • 2011.02.05 Saturday
  • 00:50
雪の天川村に行ってきました!
20110205_004151.jpg20110205_041136.jpg

晴れて卯年になりました。
天河神社では旧暦大晦日の鬼の宿と、新年の節分祭でした。今年の2/3は節分と新年と新月とが重なり、まさに何もかもがはじまった、という感じでしょうか。
私はこの寒い時期に天川に行ったのは初めてでしたが、多くの方々が集まっていました。
20110205_041027.jpg20110205_041117.jpg

天川では人が亡くなると鬼になると考えられていて,ご先祖様は皆鬼だそうです。
だから、節分の前の日には神事として祝詞をあげ、神棚の前にお布団を敷いて鬼様(ご先祖様)を迎える、という儀式が行われるのです。翌日の節分祭では「鬼は〜ウチ〜」と豆まきをしていました。
20110205_041157.jpg20110205_041329.jpg
20110205_041701.jpg20110205_041411.jpg

そして太鼓の音と真言の音色の間、護摩焚きでモクモクと燃える火の中に人々の祈願ごとが燃やされていきました。
今年の吉報は南南東だそう、恵方巻を南南東を向いて食べ,お神酒を頂きました、しかし赤米のお汁粉が絶品でした。
20110205_041505.jpg三種の神器?!

最近なんとなく、お祭りや儀式で多く人々が集まる時期に神社に行く事多いですが、本当は特別な祭りや何にもない時に、ふらっと近所の神社に訪れて静かに神様と対峙するのが一番いいんですよね、最近儀式ではなんとなく神様も隠れてしまってる気がしました。

しかし珍事件もあったりして、学びがありました。インターネットで情報が溢れていますが、足を運んで体感するという事は本当に重要です。
脳内知恵の輪をしました。
理屈がないとまかり通らないことも多い世の中ですが、直感が冴えてないとその理屈もおかしくなってます。けっこうおかしな人が実は多いんだなあと、おもっている今日この頃です。別になにが問題ってことはないですし、とても一生懸命なのですが、ちょっとチューニングがずれたまま音楽を奏でている感じでしょうか、それがいいこともひょっとしてこのご時世ではあるのかな。私はそんなことを感じるとき、単に居心地が良くないです。
ちなみに直感を維持するには、人波ではなくて厳しい自然とリアルに向きあうしか方法はないです。

羽黒山の山伏修行の先達、星野さんにも遭遇しました、夏修行以来の再会を喜びました。
20110205_041430.jpg

天川のエメラルドグリーンの川、凍って美味しそう。
木々に残る雪がかわいらしく夜空の星に見えました。
20110205_004213.jpg
20110205_004133.jpg20110205_004050.jpg

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ホムパリ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

CLO CLO MADE IN JAPAN
CLO CLO MADE IN JAPAN (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Les Cappuccino,Kenzo Saeki & Club Je t’aime,ジーニアス,Pecombo,YMCK,サエキけんぞう,ぶどう÷グレープ,TOASTGIRL,かしぶち哲郎,ELEKTEL feat.Kiyonori Matsuo

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM